パーム、Windows Mobile搭載の携帯電話端末を発表しています。

Palmは米国時間26日、人気の高い同社の携帯電話端末「Treo」でWindowsが動作するモデルを披露した。これはPalm OSの市場が勢いを失ったことを示すものといえる。

噂通りにPalmがWindows Mobileを搭載した携帯電話端末を発表しました。

「多くのモバイルWindowsユーザーは、このデバイスに乗り換えたくなると思う。問題は、この製品の在庫を十分に確保しておけるかどうかだ」(Gates)

そう。Windowsと親和性が高いのですから、多くのWindowsユーザにとって魅力的な端末となるでしょう。


Intel製のチップが搭載され、Windows Mobile 5.0が動作し、プッシュ型電子メールが利用できるようになることが明かされた。

アメリカではスマートフォンがどんどん登場してうらやましいですね。日本はそんなに需要がないのかな、と思ってしまうのですが。

PalmのWindows Mobile搭載スマートフォン、来年初頭に発売では端末の写真を見られます。欲しい、コレ。

Windowsを採用しても、Palm OSは「なくならない」という記事によれば、Palm CEOは、

今回の発表を、Palmの製品ラインを「拡大するもの」だとし、「ほかのものがなくなるわけではない。これは成長のための提携だ」と語った

ということですが、果たして結果はどうなるでしょうかね。

■関連記事

パーム、Windows Mobile採用までの裏側

この提携で、Palmは厳しい賭けに出ている。Palmは今回、一定レベルの携帯電話を動かすのにMicrosoftのOSがどのくらい優れているのかに賭けつつ、標準的な「Windows Mobile」ソフトウェアを超える製品を出すことでニッチ市場を開拓する余裕も残そうとしている。

米Palm、スマートフォン「Treo」にWindows Mobileを採用

Outlook MobileやOffice Mobile、Internet Explorer Mobileの搭載、Exchange Server 2003へのモバイルアクセスなど、Windows Mobile 5.0の採用はユーザー層の拡大につながると期待している。