「Sony Dealer Convention 2005」レポート

■「ロケーションフリー」編

今回のお目当てはいくつかあったのですが、その一つが「ロケーションフリー」です。

自宅に機器を設置しておけば、世界中のどこからでも自宅のテレビが見られるという代物です。言うなればライブストリーミングサーバでしょうか。しかも凄いのは、ライブだけでなくHDDレコーダーに録り貯めしている番組も見られるということ。

ソニー製品なのでスゴ録にしか対応していないのかと思いきや、なんと他メーカーのHDDレコーダーも使えるというではありませんか(約240機種)。これは要注目ですよ。

これまではロケーションフリーTVとして専用端末が必要だったのが、33,000円でベースステーションを購入すれば、クライアントはWindows XP/2000が搭載されたPCで良いのです。凄い。

ちょっと考えただけでも、

・海外出張で見る
・海外在住の人がリアルタイムにニュースを見る
・海外旅行中にな録り貯めした番組を見る
・ホットスポットでテレビを見る
・つくばエクスプレスで見る

など、様々な用途が考えられます。特に今後、ホットスポットが増加することを考えると、録画したままでなかなか見る機会のない番組を外出先で見るということも増えるかもしれません。意外に旅先で、夜暇だったりしますからね。

会場ではサンディエゴやニューヨークのテレビ番組をリアルタイムでストリーミングしていました。必要な帯域は上下ともに300kbpsということで、ロケーションフリーのベースステーションから見て上り300kbpsというのが難しい場合もあるのかな、と思いましたが、クオリティを下げればニュース程度であれば大丈夫とのことでした。

実際に低解像度でも見せて貰いましたが、ウィンドウを小さくすれば文字もきちんと読めるし、何より音が途切れないので、「見られる」というだけでも凄いことではないかと思います。

PSPユーザとしては是非対応して欲しいところではあります。スペック的にどうなのか分かりませんが、ブラウザも搭載されたことですし、将来的な展開には期待したいところです。

ほんと、価格と機能にビックリの製品でした。あわよくばMac版も‥‥。

■関連記事

地球の裏側でも日本のテレビ番組が見られる,ソニーが新製品発売

LF-PK1は,テレビ放送の映像をリアルタイムでMPEG-4形式に圧縮し,ストリーミング・サーバーとして機能。外出先の無線LANアクセス・サービスなどから,LFA-PC2をインストールしたパソコンでLF-PK1にアクセスして利用する

ソニー、PCで自宅のテレビが見られる「ロケーションフリー」――価格は3万円台に

ベースステーションは無線LAN機能も搭載しており、家庭内では無線LAN(IEEE 802.11a/b/g)を介してPCに映像を送ることもできる。

ソニー、ネット経由で海外から日本のテレビがPCで見られる“ロケーションフリー”製品

LF-PK1では、本体背面の「SETUP MODE」ボタンを押した後、PCにインストールしたLFA-PC2を起動すると、あとは画面の指示に従ってボタンを数回クリックするだけでセットアップが完了する。

ソニー、Windows搭載PCで映像を視聴できる「ロケーションフリー」新製品

LF-PK1に登録可能なPC台数は最大4台までで、LF-PK1とLFA-PC2の接続は1台まで。

【インタビュー】「どこでもテレビを見られる環境を実現していく」ソニーのホームエレクトロニクス戦略を聞く

最近では無線LANの接続サービスを提供する飛行機や電車も登場してきており、こうした移動時でもライブの番組を楽しめる。通信速度が出にくい場所でも、画像の通信レートを自動調節する機能も付いており、画像の途切れを防ぐようになっている。