ウィルコムが次世代PHSへ乗り出す,2GHz帯の3G用周波数を利用という記事より。

ウィルコムは6月21日,高速なデータ通信を可能にする次世代PHSシステムを検討中であると明らかにした。

現行のシステムでも1〜2Mbpsまでは高速化が可能だそうですが、今回申請する2GHz帯を利用すると、さらに高速な通信が可能になるそうです。ただし、どのような技術を採用するかは未定とのこと。

しかもウィルコムが獲得しようとしている2GHz帯は、既にアイピーモバイルも参入を希望していて、割り当てが1社の予定だそうで、果たしてすんなり獲得できるかどうかもまだ分かりません。

ただ、ライブドアの「D-cubic」も控えていますから、ウィルコムとしては是が非でも“より高速なデータ通信”という可能性は欲しいでしょうね。

ウィルコムはAir H" Phoneの新しい端末もリリースが間近なようなので、そちらも楽しみです。