世界初の家庭向け人型ロボット「nuvo」が4月に一般発売という記事。

ヒューマノイド(人型二足歩行ロボット)の開発・販売を行うゼットエムピー(ZMP)は4月12日、人型二足歩行ロボット「nuvo」を4月下旬より販売すると発表した。同日より同社サイトで受注を開始する。また、nuvoの量産に関してセイコークロックと提携したことも明らかにした。

世界初の家庭向け人型ロボット「nuvo」は、身長39cm×幅35cm×奥行き12cm、体重約2.5kgだそうです。全身に備える自由関節は15個で、歩行や起きあがり、ダンスなどが可能です。また、顔部分には31万画素のCMOSカメラが搭載されていて、静止画の撮影も可能。操作は専用リモコン、携帯電話からインターネットを介してコントロールすることも。ネットワークは有線LANとIEEE802.11bに対応。充電時間は約2時間、連続歩行時間は約1時間。

音声認識機能も備えており、音声指示によってnuvoをコントロールすることができるということで、

例えばnuvoに「明日の予定は?」と話しかけると、nuvoが無線LANを利用してユビメモのサーバに登録されているユーザーのスケジュールを確認し、「11時から会議です」といったように発話して答える。

こんなことができてしまうそうです。ちょっと試してみたいですね、これ。

「明日の予定は?」
「ありません」

「明後日の予定は?」
「ありません」

価格は4色のカラーバリエーションがある通常モデルが588,000円、蒔絵(まきえ)が施された「nuvo Japanism」が888,000円だそうです。個数限定で、通常モデルが各色500体、Japanism3種が各100体となっています。

■関連記事

“モー娘。”踊る量産型「nuvo」、58万8000円から

メールサーバに接続して、届いているメールの件数を教えてくれる機能もある。ユーザーが「メール届いてる?」と聞くと、nuvoはアカウントや重要度までをチェックし、「重要度の高いメールが1通、会社のメールが1通、自宅のメールが2通あります」などと報告する。