ヤマハ発動機、電気で走る原付バイクという記事より。

ヤマハ発動機は2005年4月11日、電気で走る原付1種バイク「EC-02」を発表した。独自の制御技術や動力性能の向上、高密度バッテリーなどによって100%電気だけを動力として走行する。

価格は専用充電器も含み、209,790円だそうです。4月27日からウェブサイトで先行予約を開始し、発売は5月21日です。電気だからなんでしょうかね、もの凄くコンパクトでシンプルです。これ、売れるんじゃないですか?

新開発の薄型パワーユニット「YIPU」(ヤマハ・インテグレイテッド・パワー・ユニット)を搭載。グリップ一体式の電磁式電子スロットル、従来比でエネルギー密度が約1.5倍の高出力着脱式リチウムイオンバッテリーなどの組み合わせで、発進時、中速域、登坂時に十分なパワーを出す。

折り畳みも可能!

ハンドルが折り畳めるようになっているみたいです。

全長1385×全幅620×全高935mm、車両重量は47kg(バッテリー含む)なので、これはクルマに積んで持ち歩けますね。家庭用AC100Vで6時間充電、時速30kmの定地走行で走行距離は43kmだそうです。

遊び心満載だなぁ。電動アシスト自転車に乗っている人だったら、原付の免許を取ってすぐに「EC-02」にも乗れそうです。

是非通勤で乗りたいので、ぼく的には登坂性能やバッテリー性能がもう一つ、という感じもしますが、これは新しいジャンルを切り拓いちゃう予感!

なんと、最大5万円が戻ってくる補助金制度もあり、です。

EC-02 | 電動スクーター

コンセプトは「ミニマム・ファン・コミューター」。部屋に入れてディスプレイしたり、車に載せてモバイルしたり、いつもいっしょにいたくなる。走らせてみると、まるで未来の感覚。大人の時間を楽しむ、感性を刺激する、EC-02誕生。

■関連記事

ヤマハ、車載可能な折りたたみ式の電動スクーター

折りたたみ式のハンドルとフットレストによって室内保管や車載が可能。オイルレス設計なので横置きにも対応する。本体色はシルバー8(シルバー)とマットブラック2(ブラック)の2色をラインアップ。