東芝、1分間で充電可能な新型電池を開発という記事より。

東芝は3月29日、1分間で急速充電が可能な新型リチウムイオン電池を開発したと発表した。ハイブリッド車や携帯電話などに向け、2006年の製品化を目指す。

実用化は2006年ということですが、

東芝が今回開発した新型リチウムイオン電池は、従来のリチウムイオン電池並みの高いエネルギー密度をもち、1分間で電池容量の80%を充電することが可能という。充放電を1000回繰り返した後の容量低下はわずか1%といい、電池寿命が長期化できる。

もの凄く期待できる電池ですね。携帯電話の急速充電はもちろんろですが、ハイブリッド車で実用化されたら、便利だろうなぁ。充電というと、数時間かかるというイメージがありますが、それは覆ってしまうのでしょうね。

■関連記事

東芝、1分で80%、数分で満充電の新型充電池を開発

現在、リチウムイオン電池の負極には主に炭素系の材料が使われているのに対し、今回の電池では、詳細は明らかにされていないが金属系の新材料が使用されているという。新材料のナノ微粒子を均一に固定する技術を新開発したことで、初めてその材料を充電池の電極として利用することが可能になったとしている。