SDがないAV機器は皆無に - 松下、「オンガクを変える」D-snap Audio発表という記事より。

松下電器産業は、SDオーディオ対応の携帯型オーディオプレイヤーなどのオーディオ製品「D-snap Audio」シリーズを4月8日以降順次発売する。今までデジタルカメラシリーズで使われていた「D-snap」ブランドをオーディオ製品にも採用、SDメモリーカードを中心としたオーディオ製品に注力する。「SDオーディオネットワーク」を構築、「オンガクのカタチ、変わる。」をスローガンに訴求を図っていく考えだ。

発売するのは、

携帯型オーディオプレイヤーが「SV-SD100V」「SV-SD90」「SV-MP720V」「SV-MP730V」、SD対応ステレオシステムとして「SC-PM910DVD」「SC-PM710SD」の6製品で、SD100V/SD90がSDカードスロット搭載、MP720V/MP730Vが、それぞれ512MB/1GBのフラッシュメモリ搭載プレイヤー

だそうです。SDメモりカードを使用することで「HDDのような駆動部がないことによる壊れにくさ、音飛びのなさ」などのメリットを挙げています。

SDカードは国内外で50%以上のシェアを確保し、メモリカード分野でシェア1位を達成、映像の分野ではフィルムからSDが使われるようになったように、レコード、カセット、MDに続く音楽メディアの「本命」(パナソニックマーケティング本部・牛丸俊三本部長)で、デジタルカメラやDVD/HDDレコーダー、TV、PCなど「デジタル商品をつなぐ重要なキーデバイス」(同)であり、「究極のメディア」がSDカードなのだ、という。

SDメモりカードのシェアって国内1位だったんですか。知りませんでした。MDに続く音楽メディアとは考えたことがなかったですね。例えばHPC-SD1GT SDメモリーカード Tシリーズは1GBで1万円を切っていますからね。確かにデジカメ用などに購入しやすいです。

CMキャラクターにはアーティストの浜崎あゆみさんを起用。1GBのメモリに500曲が保存できる、ということで、自身の今までのアルバムがすべて保存可能と聞いて「(小さいのに)すごいですね〜」