デジカメやPSP、携帯が電子本に早変わり~ボイジャーという記事より。

ボイジャーは4月15日から「T-Time 5.5」「azur 1.5」を発売すると発表。新バージョンは、電子書籍コンテンツをデジタルカメラやPSP、携帯電話などの液晶画面付きデバイス向けに書き出す機能を備え、手持ちの液晶デバイスを電子書籍ビューワとして利用可能になる

「今ある液晶デバイスを本にできないか」という開発陣の考えを形にした電子書籍ビューワ「T-Time」「azur」(アジュール)のバージョンアップが行われたそうです。T-Timeはローカルにダウンロードしたデータを閲覧するビューワ、azurはインターネット上のデータの閲覧にも対応するビューワ。

新バージョンは、表示された電子書籍コンテンツを連番のJPEG画像として書き出す機能を装備。画像を確認するための“進む”“戻る”ボタンがあるデジタルカメラやiPod Photo、PSP、携帯電話などの液晶付きデバイスでも電子書籍を閲覧できるようにした。

電車や飛行機に乗っている時に、PSPで本が読めたら便利なのではないか、と思っていたのですが、まさにそれを実現するツールが登場です。PSPだけでなく、液晶の大きいデジカメ、携帯電話にも対応しています。

ボイジャーは、現在書き出しに対応したMacintosh用のβ版をWebで提供中。3月15日の夜にはWindows用β版も提供予定だという。製品版の価格はT-Time 5.5が1050円、azur 1.5が2100円。

価格もお手頃ですね。

なお、コンテンツが書き出しに対応する必要があるそうで「サービス開始当初は、インターネットの電子図書館「青空文庫」のラインアップやWebコンテンツの書き出しが主な用途になりそうだ」とのことです。