ウォークマンケータイ、MP3/AAC対応でSony Ericssonからという記事より。

Sony Ericsson Mobile Communications (以下Sony Ericsson)は1日、"ウォークマン携帯電話"と銘打った「Sony Ericsson W800」を発表した。 W800は、最大30時間のバッテリ寿命とデジタル音楽プレーヤー機能、および2メガピクセルのデジタルカメラ機能を搭載。シルバーとオレンジのツートンカラーで統一された本体は、重量100g以下の薄型軽量ストレートタイプとなっている。

携帯電話と音楽プレーヤーは果たして同居できるのか? PCからいかに手軽に音楽を転送できるか、そしてそのPCにいかに簡単に音楽を取り込めるかという、手間の部分の軽減を突き詰めていく必要があるんではないかと個人的には思っている訳ですが、ウォークマンケータイはどうでしょうか。

"ウォークマン"機能が対応する音楽形式はMP3、およびAAC。楽曲の転送は付属するDisk2Phoneソフトウェアで行い、再生中の着信のコール音は、ヘッドホンを通して聞くことが可能。音楽は電話をとった際にポーズされる。 また、W800はDirect Musicボタンを本体に備えており、音楽の再生、一時停止、停止といった操作ができるほか、音楽プレーヤー機能と携帯電話機能をそれぞれ独立して使用することができる。

バッテリ駆動時間は、電話のスイッチをオンにした状態で約15時間、オフにした状態で約30時間で、付属品はヘッドフォン、約150曲の収録が可能な0.5GBメモリースティックDuoがあるそうです。ちょっとこれは様子見してみたいと思います。