AirH"がAIR-EDGEに。WILLCOMMロゴも公開という記事より。

DDIポケットは1月18日、2月2日のウィルコムへの社名変更に伴い各種ロゴを変更すると発表した。

「既存の端末もこれに伴い外観をリニューアル。ウィルコムロゴをボディにあしらったものとなる」ということで、どんな端末が登場するか楽しみでもあります。

今回の変更では「AirH"」から「AIR-EDGE」に。外国人に発音が分かりやすいもの、ということで海外展開も大きく視野に入っているということでしょうかね。

「EDGEという言葉は、外国人にはいい響きをもっているようだ。最先端、尖った最新のものというイメージ」

■関連記事

DDIポケット、体感1Mbps超の「AIR-EDGE[PRO]」向け定額プラン発表

AIR-EDGE[PRO]は、従来のAirH"の通信速度をさらに向上させたPHSデータ通信サービス。2月18日には対応端末「AX510N」(NECインフロンティア製)が発売される。32kbpsを8本束ねて256kbpsとし、さらに体感速度を向上させる新サービス「MEGA PLUS」で、体感1Mbps以上の高速通信サービスが可能となる。

DDIポケット、新会社「WILLCOM」のコーポレートロゴ発表

新会社のロゴは、ウィルコムの「W」の文字を表わしたものがあしらわれており、「先進のモバイルテクノロジ」「国際感」「スケール感」「信頼感」を表現しているという。なお、「W」の文字に使われている柔らかい印象のブルーは、コーポレートカラーの「WILLCOMブルー」とのこと。

256KのAIR-EDGE[PRO]、つなぎ放題で1万2915円

DDIポケットは1月18日、8xパケット方式に対応したデータ通信サービスAIR-EDGE[PRO]を、2月18日から開始すると発表した。料金はパケット定額制の「つなぎ放題[PRO]」で1万2915円、月額25時間の利用が可能な「ネット25[PRO]」で7245円。それぞれ年間割引と「A&B割」の適用で、11088円/5544円となる。