ウワサの車用“しっぽ”を動かしてきましたという記事より。

ワコーが12月17日に発売する「サンクステイル」は、車に装着する電動の“しっぽ”。たとえば道を譲ってもらったとき。たとえば渋滞中の列に割り込ませてもらったとき。運転席でワイヤレスリモコンのスイッチを押すと、後部に取り付けた“しっぽ”が左右にひょこひょこと動いて、周りの人や車に感謝の気持ちを伝えてくれる。

Thankstail

最初にこの記事を見たときは「ハザードでいいじゃない」とか思っていたんですが、

・取り付けが簡単(車の屋根に磁石と両面テープでしっかり固定する)
・操作が簡単(RCカーなどと同じワイヤレス方式で、ボタン一つだけのシンプルなリモコン)
・価格が安い(税込み4,980円)

というのを知り、こういうのもアリかな、と思いました。車線変更や渋滞時の割り込みなどはとかくギスギスしてしまうものだと思うのですが、しっぽを振られたらニンマリしてしまいそうです。しっぽはウレタン製で柔らかいそうです。

「Post Pet」の生みの親八谷和彦氏と、自動車のウィンドウフィルムなどを製造してきた老舗カー用品メーカー「ワコー」が共同開発した製品なんだとか。

八谷氏は当時、考案したサンクステイルの試作機をWebサイトで公開し、製品化してくれる企業を募っていた。ワコーは、さっそく八谷氏に接触し、共同開発が実現した。「開発は、八谷さんの意見を聞きながら進めてきました。名前も当初は別のものを考えていたのですが、やっぱり“サンクステイル”がいいな、と」

▼楽天で「サンクステイル」を見てみる( ホワイト , ブラック , シルバー