Zaurus米国販売は「続ける」──シャープが報道を否定しています。

シャープは、Linux搭載PDA「Zaurus SL6000」の米国内販売を終了すると報じられた件について10月22日、「販売終了の決定を下した事実はない」と否定するコメントを発表した。

一度は、シャープ、アメリカでLinux Zaurus販売中止へというニュースが流れましたが、シャープがこれを否定するコメントを発表しています。

同社は「米国市場でSL-6000の事業開発活動をやめる決定を下したという事実はない。今後も現地のニーズに応じた展開を検討する」としており、個人向け、法人向けとも販売を続ける方針を明らかにした。