ツーカーが「話せりゃええやん」携帯を発売というニュースより。

ツーカーSは,「説明書がいらないくらいカンタンなケータイ」というコンセプトを基に開発されたこともあり,実際に操作説明書が添付されないほどシンプルな携帯電話機である。

もの凄い割り切り。超シンプル。年配の方で携帯電話購入したのはいいけど、使い方がまっっっっったく分からないという人も多いでしょう。触るとなんか壊してしまうのではないか、という感覚も分かるような気がします。

Webブラウジングや電子メール送受信機能はもとより,発着信履歴や電話帳の機能もない。

なので、ここまでの割り切りは凄いと思いました。自分が入力した電話番号を確認するための液晶くらいはあっても良いのでは、と思ったのですが、そうすると電話帳や発信履歴などが欲しくなるというもの。あえてそういう気持ちを持たせないためにも、ちょっとした液晶ですら排除した、ということなんでしょうね。凄い。

昨年は,タレントの松本人志氏が「話せりゃええやん」と語りかけるテレビCMで話題となったが,今回文字通り「話せればいい」携帯電話機を発売するに至った。

不便に思わない人は手帳を見て電話をかければいい訳ですからね。携帯電話版黒電話、みたいだ。