KDDI、1曲まるごと聞ける着うたと対応機種を発表というニュースより。

着うたフルは、最大2.4 Mbps の通信速度とパケット通信料定額サービス「ダブル定額」により、パケット通信料を気にすることなく利用できる音楽配信サービス。

1曲まるごと聞けてしまうということで、それはもう「着うた」ではありませんね。音楽配信サービスですね。

ダウンロード楽曲は、携帯電話のステレオスピーカーでの再生のほか、外部接続のステレオイヤホンやステレオスピーカーなどでの鑑賞にも耐えられる高音質を実現した。

だそうです。

同サービス開始時には、主に1曲数100円程度の情報料で、6サイトから約1万曲が配信される予定で、順次対応サイトや提供楽曲数を拡大する。

日本ではPCの音楽配信サービスよりも、携帯電話の音楽配信サービスの方が先にメジャーになるかもしれませんね。

■関連記事

着うたフルは、レコード会社を脅かさないのか?

この問題について、KDDIコンテンツ・メディア本部長の高橋誠氏は「非常に難しい問題」と話す。「確かに、レコード会社によっては“これはCDでのビジネスに(悪)影響がある”と思っているところもある」。

携帯が音楽プレイヤーに - au、音楽配信対応ケータイなど「感動ケータイ」

KDDI、沖縄セルラー(au)は、携帯電話向け音楽配信サービスEZ「着うたフル」に対応した第3世代携帯電話「CDMA 1X WIN」端末4モデルと、デザイン志向の「au design project」第3弾、「talby」を発表した。EZ「着うたフル」は、従来のEZ「着うた」とは異なり、楽曲の一部ではなく全体を配信する音楽配信サービスで、携帯電話をiPodのような携帯音楽プレイヤーとして利用できるようになる。