Opera7 on LinuxZaurus SL-C860という記事を参考に、SL-C860にOperaをインストールしてみました。

一見、難しそうと思っていたのですが、実に簡単でした。また改めてインストールする機会もあるかもしれないので、作業内容をメモしておきます(併せてOpera7 on LinuxZaurus SL-C860をご覧ください)。

・プログラム[Opera 7.30 Build 9806]をダウンロードする。

・日本語表示を行うパッケージopera7-jpn-helperをダウンロードする。

yakty氏のQtopia Shell Bridge Dialogを使用して、ダイアログにてフォントサイズの変更等行えるようにしました。ダイアログを利用の際は、qshdlg をインストールしておいて下さい。

ということで、併せてqshdlgもダウンロードしておくと良いでしょう。

以上をインストールする、でOKです。これでOperaがインストールできてしまいます。

CSSもきちんと読み込まれ、NetFrontでは不可解な表示になっていたネタフルも、ちゃんと表示されるようになりました。管理ツールに関しても同様です。日本語入力ができないという問題もありますが、いざという時にはエディタで書いて貼り付ければ良いでしょう。それよりも、PCと同等の環境でブラウズできるのが嬉しいです。

あとは一点。Gmailが使えれば! と切に思います。