“コードレスヘッドフォンでサラウンド”を安価に——ソニー「MDR-DS3000」という記事より。

実売2万円を切る価格ながら、デジタル入力の各種サラウンドに対応したコードレスサラウンドヘッドフォンの普及タイプだ。「サラウンド対応のワイヤレス視聴環境をできるだけ安価に構築したい」というユーザーに注目のMDR-DS3000を、現在“購入モード”スイッチがONになっている筆者がレビューしてみた。

コードレスヘッドフォンの必要性をあまり感じたことはなかったのですが、逆にこれがあれば、もっと映画を見たいとか思うようになるのかもしれないと思いました。コードレス、便利だと思います。

サラウンド対応では最新モデルとなるMDR-DS3000は光デジタル入力端子を装備しており、ドルビーデジタル/ドルビープロロジックII/DTSの各デコーダーを内蔵。DVDプレーヤーなどと角型の光デジタルケーブルで接続するだけで、迫力あるデジタルサラウンドを楽しめる。

クレードルのような本体にセットしておけば、充電も自動で行われるそうです。それは便利だ。専用充電池(単4形ニッケル水素×2)は約16時間の充電で連続約20時間の使用が可能。映画が10本くらい見られます。

リビングでblogを書いているのですが、深夜や早朝はMTVやスペースシャワーTVなどを“聞きながら”というのも良いな。耳から音楽が入ってこないと、最新の情報に疎くなってしまうんですよね。

また、ヘッドフォンのみでサラウンドを再現しているので、スピーカーシステムのようなリスニングポイントがもともと存在しない。寝転がってもポテトチップスを取りに立ち上がっても、耳にはしっかりと同じサラウンド効果が続いているのはスピーカーシステムにはない魅力だ。

Amazonで「MDR-DS3000」の価格を調べる
MDR-DS3000増設用ヘッドホン ←彼女、奥さんと見る時用。