ソニー、「ウォークマン25周年に自信を持って」HDD内蔵の「NW-HD1」発表しました。

今回発表されたNW-HD1は、1.8インチ20GB HDD内蔵ネットワークウォークマン。「ウォークマン」ブランドでHDDを内蔵したのは今回が初めて。ボディはサイズ89.0(W)×62.1(H)×13.8(D)、質量約110gの軽量コンパクトサイズで、持った感じはカードケースか名刺入れに近い。

hdd_walkman_25.jpg

なぜにソニーは最初からこれを出さないのでしょうか? 25周年記念でもったいぶっていた? これまでいろいろな小型プレーヤーを出していましたが、これで決まりでいいのではないでしょうか。なぜ今頃、というかようやく‥‥というか。

サイズ的にはiPod miniと同じくらいでしょうか。ノーマルのiPodより一回り小さいくらいの印象ですが。

iPod 15GBモデルのサイズ
高さ:104.1mm
幅:60.9mm
奥行き:15.7mm
重量:158g

HDDウォークマンのサイズ
高さ:62.1mm
幅:89.0mm
奥行き:13.8mm
重量:110g

iPod miniと同じくらいの大きさですが、HDD容量はHDDウォークマンが圧倒しています。4GBと20GBですから。

再生可能なフォーマットはATRAC3plus/ATRAC3。ATRAC3plusなら48、64、256kbps、ATRAC3なら66、105、132kbpsを選択可能で、最大13,000曲、CD約900枚程度の音楽をHDDに保存することができる。

「毎日使うウォークマンだからこそ」の機能として、HDDディスクにかかる物理的な衝撃を和らげる「耐衝撃ダンパー」と、縦・横・奥行きへの重力を監視し、落下を感知した際に記録ヘッドを退避させる「Gセンサー(重力加速度センサー)」を搭載しているそうです。

あとはiTunes Music Storeのように楽曲購入サイトとうまく連携できると良いと思ったんですが、事実上日本ではまだiTMSは使えない訳で、そう考えるとPCからHDDウォークマンに転送するソフトの出来がよければ、非常に良い選択肢の一つとなるのではないかと思いました。

これは売れるのでは?

ポータブル用300_75

■関連記事

「HDDウォークマンは半年、1年でiPodを追い抜く」——ソニー・安藤社長

同時に発売すればユーザーが比較検討しやすいのでは?という意見には、「開発スピードの問題もあり、(同じような使い方ができる商品でも)発売時期をそろえることは難しい。それに、ターゲットとするユーザー層が異なるならば、同時期に発売する必要もない」。ユーザーから見ると“混乱”にしか見えない製品リリースのやり方も、ポリシーを持って臨んでいると反論した。

25年の技術を結集――30時間再生“世界最小”HDDウォークマン

CDDBに対応した音楽転送ソフト「SonicStage Ver.2.1」を同梱。大量の音楽データも簡単に転送でき、転送していない楽曲を検知して自動転送する機能をHDDプレーヤー専用機能として搭載した。

iPod mini並みの重さで20GB HDDを搭載するウォークマン発売

本体素材にはマグネシウム合金を採用。サイズは幅89.0×高さ62.1×奥行き13.8mmで、重さは約110gと小型軽量が特徴。4GBのHDDを搭載する米アップルコンピュータのiPod miniの約103g(約3.6オンス)とに近い重さとなる。色はシルバー、ブラックの2色。