PHS事業は? 海外戦略は?~中村社長が考えるドコモの“これから”という記事より。

不採算部門はどうするのか、新しい技術に対するアプローチは、海外進出はどうするのか──。記者たちの質問に中村社長が答えた。

赤字のPHS事業をどうする? という質問に対して「 (PHSの)音声の分野については、新端末を導入しないと既にアナウンスしている」と前置きをして、次のようにコメントしています。

ただ、インターネットのデータ通信については、FOMAで定額制はまだ難しい。少しスピードは遅いが安ければいいというユーザーもいるので(定額でインターネットつなぎ放題が可能な)データ通信分野では、まだPHSが重要だと思っている。現時点でPHSは、データ通信を中心に進めていこうと考えている。

FOMAで定額制が始まるまで、ということでしょうね。

「(携帯のフルブラウザ化については)、検討段階にない」とし、そういった話も出ていないとコメントしたそうです。