ソニー、ICレコーダーのエントリーモデルを発表です。

ソニーマーケティングは、ICレコーダーのエントリーモデル「ICD-B20」を6月21日に発売する。価格はオープンプライスだが、店頭では1万1000円前後で販売される見込みだ。一方、付属品が充実したスペシャルパック「IDC-B20EX」もラインアップ。こちらは7月21日に発売する予定だ(店頭予想価格は1万6000円前後)。

取り立ててすぐに必要という訳ではないのですが、あると便利だろうなぁ、と思っているガジェットの一つが、このICレコーダーです。1万円前後で購入できるとなると、俄然興味が湧いてきますね。

内蔵のフラッシュメモリは32Mバイトで、最長16時間10分の録音が可能だ。全指向性のマイクとモノラルスピーカーを内蔵したほか、ミニジャック型のマイク入力とイヤホン出力も装備。ダイレクトインタイプの単一指向性マイクロホンが付属する。

32MBでも、16時間も録音できてしまうんですね。これだったら十分かな。ハイクォリティモードでも3時間半は録音できるようです。

■関連記事

使いやすさを追求したエントリー向けICレコーダー2種——ソニーマーケティング

本体サイズを30(幅)×16(奥行き)×103.5(高さ)ミリ、58グラム(乾電池×2本含む)と軽量・コンパクトにしつつも、ボディの前面に大型の液晶ディスプレイや操作ボタンなどを配置して操作性を高めたことが特徴だ。