東芝、手のひらサイズで900グラムのDLPデータプロジェクターです。

東芝は、手のひらサイズで重さ900グラムと小型軽量なデータプロジェクター「TDP-P6(J)」を3月22日に発売する。オープン価格で、実売予想価格は35万円前後。

これは小さい! プロジェクターって大学院時代に発表とかでよく使いましたけど、大きいって相場が決まっているものだと思っていたので、これはビックリ。

247.7(幅)×93.7(奥行き)×52.1(高さ)ミリと、B5の半分のサイズで、ビジネスバッグにも十分入る。0.7インチ1024×768ピクセル表示のDMDパネルを採用した。輝度は950ANSIルーメン、コントラスト比は2000:1。1.5-5メートルの距離から35-137インチの画面に投射できる。

片手で持てちゃうんだもんなぁ。

■関連記事

東芝、B5半分サイズのモバイル用データプロジェクター

1つの端子でデジタル、アナログ、USB入力に対応するM1-DA端子を備え、同こんのD-Sub15ピン/USB変換ケーブルでアナログRGB入力も可能。また、オプションでDVI/USB入力にも対応する。このほか、S映像(コンポジット兼用)と音声入力、1Wのモノラルスピーカーを内蔵する。本体寸法は幅247.7×高さ52.1×奥行き93.7mm。レーザーポインター付きリモコン付属。