実売2,000円台のIEEE802.11g対応無線LANカードがプラネックスから。激安。

プラネックスコミュニケーションズは、IEEE802.11g規格、最大54Mbpsでの通信を行うことが出来る無線LANカード、bRoad Lanner Wave「GW-NS54GMX」を発表した。価格はオープンプライスだが、実売価格は2,980円程度となる見込みで、非常に安価なことが特徴だ。発売は3月中旬。

もう、IEEE802.11bの時代は終わったんでしょうか‥‥。次に無線ルータを購入する時は、間違いなくIEEE802.11gですね。Amazonとかで見ると、IEEE802.11g対応の無線ルータもやっぱりプラネックスが10,000円をはるかに切る価格で出していますからね。

しかし、bからgになると、どのくらいスループットが向上するものなのでしょうか。でも、価格もさほど変わらないし、速いことはいいことだということで、次はgで決まりのぼくです。

■関連記事

プラネックス、実売2,980円のIEEE 802.11g対応無線LANカード

GW-NS54GMXは、無線LANチップにMarvellを採用した無線LANカードで、すでに発売されている「GW-NS54G」の廉価版という位置付けのモデル。セキュリティ面では64/128bitのWEP、WPAをサポートし、Wi-Fi認証も取得している。

プラネックス、3000円を切る11g無線LANカード

プラネックスコミュニケーションズは3月中旬から、IEEE 802.11gに準拠した無線LANカード「GW-NS54GMX」を発売する。オープンプライスだが、参考価格は2980円。