ターゲットは携帯電話――PalmSource、OS戦略を刷新へというニュース。

米PalmSourceは来週、新たなOS戦略を発表する計画。新戦略では、Palm OSの採用を、比較的安価な価格帯のモデルも含め、幅広い携帯電話へ拡大することを目指す。

興味がわいたのは次のところ。

OS 6は「初めからほぼ完全に書き直した」ものであり、その作業の大半はBeから獲得したエンジニアが行った。OS 5にもBeのコンセプトはいくつか導入されているが、OS 6は特にマルチメディア処理に関して、Be OSのアイデアをもっと多く取り入れている。

Beのコンセプトが生き続けているというのは、かつてPM7600にBeOSをインストールしていた人間としては嬉しいところ(笑) それにしても、「OS 6は、複数のプログラムを同時に走らせる「マルチタスク処理」も向上している」ということで、どんな高機能な携帯電話が登場するんでしょうか。