任天堂、2画面ゲーム機を開発 - "異質なプレイ体験"を提供というニュース。

同社は1983年にファミコンを発売してから20年以上が経過し、新しい魅力あるゲームソフトの開発が行き詰まりを見せているとし、全く新しい娯楽体験「異質なプレイ体験」を提供するべくこのゲーム機を開発したと説明。2つの画面はそれぞれTFT液晶画面で大きさは3インチ。また、CPUも2つ搭載する。DSは"Double Screen"の略だ。

なるほど、Dual Screenで仮称DSですか。2画面のゲーム機といえば、かつて任天堂はゲームウォッチで出していましたよね。それを思えば「全く新しい」という訳ではないんでしょうが、あの頃とは技術が違いますから、「異質なプレイ体験」というのは当たっているかもしれません。

例えばの利用方法ですが、

たとえばスポーツゲームやRPGなどでフィールド全体を1つの画面で、もう一方の画面でプレーヤーをクローズアップした物を表示するなどの利用法が考えられるという。

と、いうことで、スポーツゲームが2画面になったら忙しそうだ(笑) なお、GBAの後継・置き換えとなるものではなく「全く新しいコンセプトを持つもので、競合するものではない」そうです。

ニンテンドーDS

ニンテンドーDS

■関連記事

「Nintendo DS(ニンテンドーDS)」12月2日発売
「ニンテンドー DS」名称・発売時期決定

Nintendo DS(ニンテンドーDS)

任天堂の新型携帯ゲーム機“Nintendo DS”正式発表!です。

任天堂、2画面の携 帯ゲーム機「ニンテンドー・ディーエス」発売へ

ソニーがゲームボーイアドバンスから携帯ゲーム機の王座を奪おうとする一方で、任天堂は年内に新しい携帯ゲーム機を発売する計画だ。

上下2つのLCDが「異質なプレイ体験」の解──任天堂の新携帯ゲーム機

CPUはメインにARM9、サブにARM7のデュアル構成。ソフトは最大1Gビットの半導体メモリに格納する。