「1GBディスクが700円」――-ソニー、MDの新規格を発表というニュース。

ディスクの大きさや形状は現行のMDとほぼ同じで、Hi-MD機器はすべてMDの再生が可能。6月には1GBの容量を持つ専用ディスクが700円程度で発売されるほか、対応機器4機種も市場に投入される。

iPodに代表されるHDD搭載プレーヤーはMDにとって脅威でしょうから、ソニーとしてはどんどんMDを強化していきたいんでしょう。「音楽以外のデータを扱えるようになった」というところにも現れているのではないかと思います。

USB規格のマスストレージクラスに対応したことで、PCと接続すると外部ストレージ機器として認識されるため、大容量のリムーバブルメディアとして利用できるとしている。

PCの周辺機器的な使い方も想定しています。ただ、いまいちターゲットが見えにくいような気もしますが、どんなもんでしょうか。

■関連記事

ソニー、PCの外部ストレージとして利用できる最大1GBのMD新規格を策定

音声圧縮技術は新たにATRAC3plusを採用、高音質化と長時間録音を実現したという。また、音源を圧縮せずに録音できるリニアPCM録音にも対応する。著作権保護技術にはOpenMGとMagicGateを採用する。