'03上半期PDA出荷は前年比2割減 個人向けの落ち込みが深刻という記事より。

ベンダー出荷台数は28万5000台と前年同期比マイナス21.3%減と大幅に減り、通年では前年比27%減と減少幅が広がる見通しだ。

約3割減というのは大きいですね。特に個人向け市場が縮小しているそうです。基本的に、なくてはならない必需品ではないですし、個人で買ってみたけどやっぱり使わなかった、という人も多いのかもしれません。

かつてぼくも、Pilot、Palm III、Visorと使ってきましたが、どれも3ヵ月坊主という感じでした。恥ずかしながら使い続けられそうだな、と感じているのは、最近購入したZaurus SL-C860のみです。どうして使い続けられそうかというと、やはりインターネットの常時接続ができているからだと思います。もちろん他のPDAでもインターネット接続はできますが、月額2,000円というのは大きな魅力です。

寝る前・朝起きて、しばらく布団の中でZaurusでWebブラウズするのが習慣化してきました。当然、電車の中でもメールを読んだり、2ちゃんねるを見たりしています。この上なく便利です。やっぱりネットに繋がってないとPDAの価値も半減なのかな、と全くもって勝手な感想ではありますが、そのように思っています。

けっこうキーボードも普通にタイプできるので、初めてPDAを購入する人にはSL-C860はお勧めかもしれません。しかし、PDAとは言いつつ、PDA的な使い方はほとんどしていないかもしれません。ミニミニPCという感覚かも。

■関連記事

Linux Zaurus(SL-C860)