アットマークテクノ、P2P型ネットラジオ受信機「PeerGarden」を開発 というニュース。価格は2~3万円の見込み。発売日未定。

PeerGardenは、PeerCast.orgの開発したオーディオストリーミングツール「PeerCast」を使用し、P2P方式でインターネットラジオを受信できる端末だ。

試作機の画像が掲載されているんですが、削りだしっぽくてカッコイイです。操作は液晶パネルとダイヤルのみという感じです。

「ネットラジオの配信は、これまでサーバー/クライアント型だったため、受信者数の増加によってサーバーへの負荷が増大していた。負荷を分散できるP2Pを採用することで、サーバーの負荷を軽減できる。また、サーバーの性能やバックボーンの帯域に依存せずにコンテンツの配信が可能だ」

イーサネットの他、CFカードスロットもあるので無線LANにも対応が可能です。

「P2P型」インターネットラジオ端末が登場

オーディオフォーマットは、Ogg Vorbisに対応。米CirrusLogicのプロセッサ「CS89712」を採用しており、オーディオの処理やネットワーク対応、液晶表示の制御などを、1チップで実現している。

PeerCastは知っているんですが、きちんと調べたことがないので詳しくは知らないのです。是非、使用している方のコメントをお待ちしています。どんなラジオが流れているんでしょうか?