オーディオ機器へ音楽を直接配信するサービス「エニーミュージック」

ケンウッド、パイオニア、シャープ、ソニーが設立したエニーミュージックが、2004年春から始動するそうです。オーディオ機器向けに直接音楽配信をするサービスで「楽曲はオーディオ機器内のハードディスクに保存できるほか、FMラジオなど放送のオンエアリストとの連動サービスも予定されている」そうです。

サービスに必要なインターネット環境はADSL以上のブロードバンド回線が推奨されており、イーサネットのケーブルを接続すればプロバイダーに依存せず利用できる仕組み。

例えばソニーだったら、PSXなどで対応するのかと思いきや、どうやら当初は専用端末になるようです。試作端末には、それぞれモニターがついています。OSにはLinuxが搭載されたマシンになるそうです。

専用端末が必要になると、あまり汎用性がなく、ダウンロードした楽曲のバックアップはどうなるんだろうか、といった心配も出てくると思います。何より、新たにハードウェアを購入しないといけないというのは、普及には足かせになるのではないでしょうか。

■関連記事

写真でみる“エニーミュージック”のハードとサービス

エニーミュージックの配信サービスを担当するのは、ソニーが中心となって2000年に設立したオンライン配信の専業会社「レーベルゲート」だ。同社のサービスには国内のレコードメーカーが多数参画しており、楽曲数も豊富。ただし、今のところレーベルゲートはエニーミュージック向けサービスの詳細を明らかにしていない。