バウリンガル機能も追加できる - ボーダフォン「V601SH」発表

ボーダフォンからバウリンガル機能が追加できる端末「V601SH」が発表されました。タカラが12月上旬以降にサービスを開始する「バウリンガル コネクト」サービスに対応することで実現するそうです。

バウリンガル コネクトは、犬語翻訳機「バウリンガル」の機能をボーダフォンの携帯電話機上で実現するもので、別売のSD-ROMカード「バウリンガル コネクト カード」を用いることで利用可能となる。

SDカードスロットを搭載した従来機種での利用は不可となっているそうです。価格は3,980円で、さらに販売数量は初回限定1万個なので、もしかすると入手が難しくなるかも?

■関連記事

ボーダフォン、バウリンガル付き携帯を発売へ

タカラとインデックス、松下電器産業の3社は、バウリンガルを携帯電話から利用する実証実験を今年5月から開始している