スポンサードリンク

まだ春だけど「ふるさと納税」したその理由とは‥‥

スポンサードリンク

ふるさと納税

なんとなく年末に駆け込みで寄付するイメージのある「ふるさと納税」ですが、決して年末でないといけないということはありません。まだ4月ですが、我が家も今年の「ふるさと納税」をスタートさせました。

なぜこのタイミングで‥‥という話は後にするとして、昨年から「楽天ふるさと納税」を利用するようになったのですが、やはり楽天での買い物は凄いです。何が凄いってポイント還元が凄い。

「ふるさと納税」も普通の買い物と同様なので、今回は例えば2万円の寄付で800円分のポイント還元になったりしているのですよ!(楽天カードを使いアプリから購入)

もともと寄付はそこそこ高額なので、還元されるポイントもまとまって貯まるというワケなのです(楽天ゴールドカード楽天プレミアムカードならさらに還元率アップ)。

さて、なぜ年末ではなく春先に「ふるさと納税」しているのか、という理由を説明しましょう。

スポンサードリンク

春先に「ふるさと納税」している理由とは?

家庭の事情と申しますか、この春から長男が高校生になりました。サッカー部に入部したのですが、そこで通常の昼食とは別に、毎日600gの白米を食べるよう指導がありまして(朝食、夕食とも別)。

もともと大食ではなくサッカーの試合で当たり負けするようなことも少なくないので、ガンガン食べてもらうのは大いに結構なのですが、1日600gとなると5日間で3kg、20日間だと12kg、1ヶ月だと約15kgくらいの米を食べることになります。

我が家の米消費が大変なことに!!!

と、そこで思い出したのが「ふるさと納税」です。

年末に肉やらハムやらソーセージやら、普段は食べないような楽しそうな食材を注文するのが楽しみでしたが、もうそんなことも言ってられません。

今年は米です。2018年の「ふるさと納税」は米にぶちこみます!

「ふるさと納税」で注文したもの

ということで、親戚もいる千葉県は富津市の「ふさおとめ」という米をお願いすることにしました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】平成29年 千葉県産「ふさおとめ」15kg(精米)
価格:10000円(税込、送料無料) (2018/4/16時点)

10,000円で15kgのところ、とりあえず20,000円30kg分を注文しました。

さらに、おにぎりにすると梅干しもばんばん消費するということで、小田原の梅干しも注文しました。

10,000円で1.2kgの梅干しを注文しました。

これで2ヶ月くらいは持つでしょうか!?

本当に「ふるさと納税」はありがたい仕組みです。

>>楽天ふるさと納税

過去の「ふるさと納税」に関しては↓からチェックしてください。

>>ふるさと納税

楽天カードも楽天ゴールドカードに切り替えた

少し前に、愛用していた楽天カードも楽天ゴールドカードに切り替えの申し込みをしています(それを待ってから注文すればさらにポイントアップだった)。

・楽天スーパーポイントの還元率がアップ
・通常年会費540円のETCカードが永年無料
国内主要空港ラウンジ無料

年会費は2,160円なのですが、こうした特典もあるので元は十分に取れると判断しました。

年会費2,160円でゴールドになるので、楽天市場をよく使う楽天カードの人は、移行を検討してみても良いかと思いますよ。

>>楽天ゴールドカード

スポンサードリンク

前へ

「ヤフーマップ」Tポイントが貯まる店舗チェックインを開始

次へ

渋谷すばる「関ジャニ∞」脱退 → ジャニーズ事務所も退所へ