大内宿のそばに、かつては冷蔵庫代わりに使われていたという、冷風が吹き出す「中山風穴」という場所があります。ここは本当に寒いです。天候に恵まれ、暑くなった1日なのですが、この風穴の周囲だけは本当に冷蔵庫の中にいるようでした。

大内宿のすぐそばですので、近くまで行ったら立ち寄ることをオススメします。

屋根があって、建物のようになっています。

で、階段を降りてこの中へ入ると、もうすぐに分かるくらいに寒いのです! 涼しい、じゃなくて寒い!

内部には穴があり、常時そこから冷風が吹き出しています。堀さんが、学生時代になぜ冷風が吹き出すのか調査したそうで、山の内部に石の隙間が多く、冬の間に冷気が溜め込まれ、それが吹き出してくるということが分かったのだそうです。

温度計が置いてあり、4度を指していました。冷蔵庫より寒い感じでしたよ。

ちょっと写真では分かりにくいですが、白い冷気がシューと吹き出していました。こんな場所があったとは!

本当に、大内宿まで行ったら是非とも立ち寄ることをオススメします。