会津下郷の有名な名所の一つと言えば、この「塔のへつり」でしょう。へつりとは、方言で断崖、絶壁、急斜面、川岸などの険しい道のことだそうです。「塔のへつり」は、川岸にある奇岩です。ぼくは訪れるのは3回目です。

「塔のへつり」の説明です。気が生い茂っていると分かりにくいですが、こんな具合に岩があります。

不思議な形状の奇岩が対岸に見えます。

吊り橋を渡って「塔のへつり」に近づくことができます。というか、真下に行くことができるのです。

30人以上は渡ってはいけません! けっこう揺れますよ。最初は怖かったけど、3回目にもなれば問題ありません。

塔のへつりからの景色です。

昔は下まで行けたような気がしますが?

入口の土産物屋では無料の味噌汁サービスが行われています。寒い日にはありがたいサービスですね。

自家製の味噌で作られた味噌汁。自家製のニンニク味噌を入れると、ピリ辛で美味い!

年間30〜40万人が訪れるという、会津下郷の名所「塔のへつり」です。