道の駅で商品を購入できる、会津下郷の「金子牧場」にお邪魔しました。観光牧場ではないのですが、近所で子供向けの体験教室をされているそうです。今回は特別に、自家製バターで自家製のトウモロコシやジャガイモを頂きました!

金子さんご夫妻が、こんな感じでバーベキューの準備をして待って下さっていました。感謝です。

これが自家製のバター。搾りたての乳をペットボトルに入れて振っていると、分離するそうです。さらにそこに塩を入れ、バターが完成です。

搾りたての乳で作った、出来たてバターで食べるホクホクのジャガイモは絶品! 塩加減も良く、搾りたて、作りたての威力にノックアウトされました。

さらに、焼きたてのトウモロコシもバター醤油で! トウモロコシもジャガイモも、金子さんの畑で採れたものなので、こちらも鮮度抜群。美味くない訳がないですね。

こちらはヨーグルトです。「道の駅 しもごう」で見かけた「食べるヨーグルト」です。

なぜ「食べるヨーグルト」なのか? 食べてみて分かりました。しっかりとした食べ応えがあるのです。はー、ヨーグルト食べてるー、と実感するヨーグルトでした。ハチミツを入れるても、さらに美味しいそうです。

これは「さけるチーズ」です。これがねぇ、今まで食べてきた「さけるチーズ」はなんだったのかと思うほど濃厚で美味しいんですよ。

ピーと裂けます。そして、身体はビールを求めました!

「さけるチーズ」がこんなに美味いと感じたのは、生まれて初めてのことでした。軽くスモークしてみたいなぁ。

この後、実際に牛が放牧されているという牧場を見学させて頂きました。

クルマで山を登ると、上の方に群れでいました。白黒がホルスタイン、茶色がジャージーです。

ジャージーが人懐こくてカワイイのなんの!

でも、ホルスタインより気性は洗いそうです。キレイな花にはナントカというやつでしょうか?

「金子牧場」は、牛の頭数に比べて敷地面積が広いらしく、ストレスの少ない環境で牛が育つのだそうです。美味いチーズやバターの秘密は、こんなところにあったりするのでしょうか?

放牧が終わり成長すると、牛小屋へ。

ここでもジャージーは愛嬌があったなぁ。

これは生後10日ほどのホルスタイン。カワイイです。モーと鳴く声もまだ小さくて、弱々しい感じ。

最後に畑から頂いたのが、食用ほおずきです。え、ほおずきって食べられるの!?

食べられるんです。会津下郷の名産だそうですが、甘酸っぱいんです。ほおずきが美味しいなんて! もちろん、普通のほおずきは食べられませんよ。

「金子牧場」の奥様が、食用ほおずきをアイスにされていました。道の駅などで購入できると思いますので、見かけたら是非とも食べてみて下さいね。

甘酸っぱいほおずきの味のする、あまーいアイスです。つぶつぶしてるのが、ほおずきです。

ちなみに、これが食用ほおずきの畑です。

機会があれば、自分でもバター作りやチーズ作りを体験したくなりました!