スポンサードリンク

本田圭佑、実質的な監督としてカンボジア代表のGMに就任

スポンサードリンク

本田圭佑、実質的な監督としてカンボジア代表のGMに就任

オーストラリアのメルボルン・ビクトリーでの現役続行が決まっている本田圭佑ですが、さらに肩書が加わることになりました。サッカーカンボジア代表のGMに就任したことが発表されています。実質的には監督として活動するということです。

スポンサードリンク

【サッカー】本田圭佑選手がカンボジア代表を指揮 GM就任、実質的な監督「こういう契約は世界見ても初」という記事になっています。

カンボジア・サッカー協会は12日、プノンペンで記者会見を開き、日本代表としてワールドカップ(W杯)に3大会連続で出場した本田圭佑選手(32)がカンボジア代表のゼネラルマネジャー(GM)に就任したと発表した。

監督としてのライセンスを持っていないため、他に監督はいるそうですが、実質的な監督を務めるのはGMである本田圭佑となります。

本田圭佑は「こういう契約は世界のどこを見ても初めてだと思う。可能な限りカンボジアのサッカーに関わりたい」とコメントしています。

メルボルン・ビクトリーとしてもこうした活動を許容したということなのだと思いますが、あまり選手としては期待されていないということなのでしょうかね。

メルボルン・ビクトリーにせよカンボジア代表にせよ、本田圭佑の世界的な知名度をうまく利用したいというのも透けて見えますが、両立させることができれば後世にも語り継がれる活躍となるでしょう。

現役選手から監督業をステップアップさせていくというのは興味深いです。しかも代表監督。代表監督であればクラブチームよりは活動期間が短いでしょうし。

本田圭佑は2018年9月10日のマレーシア戦でベンチ入りする予定とのことです。

関連記事

豪移籍の本田圭佑 なぜ現役のままカンボジア代表監督をやるのか - ライブドアニュース

「カンボジアサッカー連盟に『現役を続けながら、カンボジア代表監督を務めることは可能か』と質問したところ、『本気で言っているのならオファーをする』と言っていただき、この場に至りました」

本田圭佑がカンボジア代表の実質的な監督に! 選手との“二足のわらじ”へ | サッカーキング

MF本田圭佑(メルボルン・ビクトリー/オーストラリア)が、滞在中のカンボジアで記者会見を実施。同国の「実質的な」代表監督兼GM(ゼネラルマネージャー)就任を発表した。肩書は「Head of delegation」で、契約期間は2年。登録上の監督には30歳のフェリックス・アウグスティン・ゴンザレス・ダルマス氏が就任する。

MF本田圭佑がカンボジア代表の監督兼GMに就任 DF長友佑都がTwitterで反応|ニフティニュース

「圭佑、自分が日本代表の選手としてカンボジア代表と対戦する時はどうする? もちろん日本代表の味方だよな?笑 わざとシュート外したりしないよな?笑」

スポンサードリンク

前へ

TBS宇垣美里アナ、まどマギのコスプレでコミケに降臨!

次へ

ネタリスト(2018/08/13 09:00)1回の遅刻で失ったJリーガーの地位 アジアに活路見いだす「渡り鳥」