Dazn 1810

2017年、25年目のJリーグが開幕しました。浦和レッズの開幕戦はアウェイで試合ということで、今シーズンよりJリーグの放映権を獲得した「DAZN(ダゾーン)」で試合観戦してみることにしました。Jリーグ開幕戦は恐らく多くのユーザーが視聴したでしょうから、その実力を見るには良い機会だったのではないかと思いますが、1試合を観戦した感想としては「いまいちぼやけていたな」というものです(個人の口コミです)。

「DAZN(ダゾーン)」の実力は?

我が家の「DAZN(ダゾーン)」視聴環境は次のようなものです。

IIJmioひかり(光回線)
・初代のFire TV Stickをテレビに接続

試合開始の少し前からFire TV Stickでアプリを起動し、視聴を開始。やはり気づいたのは、あまり映像が高精細ではなかったということ。

Dazn 6506

あまり参考にならないかもしれませんが、こうした動きのない固定された文字のようなところも、ぼんやりと表示されている感じでした。

Dazn 6507

人物もぼやぼや。

休日の昼間なので回線が混雑しているのかと思いきや、スピードテストをすると50Mbps以上出ています。

そのタイミングで見かけたツイートがこちらです。

その後、少しやりとりさせて頂くと「私の環境では、PC、タブレット、テレビともに高画質」とのことだったので、同じWiFiに接続しているiPhoneで視聴してみることにしました。

Dazn 6508

動いているシーンだったので選手はぼやけてしまいましたが、左上の固定された文字のところはくっきりしているのが分かると思います。iPhoneでの視聴には問題を感じませんでした。

試合が終わったいま、追っかけ再生でMacBookのGoogle Chromeから再生したのが、冒頭の画像となります。こちらも問題なしです。

浦和レッズの試合のハーフタイムに「Fire TV Stick」では他のスポーツも観戦してみたのですが、どうもライブ中継しているものはくっきりはっきり高画質で再生されているような印象にはなりませんでした。

以上のことから、もしかすると「Fire TV Stick」のスペックが低く(CPU?メモリ?)、高画質での再生ができていないのかな‥‥と少し考えています(他のHuluAmazonプライムビデオでは気にならないのですが)。またはFire TV用アプリの問題か?

いずれにせよ、1試合で結論付けることもできないので、あと数試合、様子を見てみようと思っています。とりあえず「DAZN(ダゾーン)」で開幕戦を見た感想でした。

「Fire TV Stick」は4月に新型が出るので、そちらを待つのがベストなのかも。

追記:その後もFire TV Stickでの映像は改善しなかったので「DAZN」に質問したところ、次のような返信がありました。

Fire TV Stickであまり画質が良くないことは「DAZN」でも認識されていたのですね! 現在、優先事項で修正が行われているということなので、期待して待ちたいと思います。Twitterでのアクティブサポートも迅速な回答を頂きました。

追記:2017年8月9日にアウェイのヴァンフォーレ甲府戦を「DAZN(ダゾーン)」&「Fire TV Stick(初代)」でテレビ観戦したところ、画質が改善されているのを確認しました!

ところどころ画質が落ちるような切り替わり方をするのも散見されたのですが、調子が良ければ高画質でJリーグ観戦が可能なことを確認しました。恐らく「DAZN(ダゾーン)」側で何らかの改善があったものと思われます。


追記:

2017年2月26日に行われたガンバ大阪 v.s. ヴァンフォーレ甲府戦は障害が発生して中継がうまくいかったようです。

代わりにYouTubeで配信される事態となりました。

ただ、やはりサポーターはリアルタイムで観戦したいわけで、今後は改善を望みたいところです。

追記:

DAZN(ダゾーン)」から障害に関する報告が届きました。原因は次のように推測されています。

配信映像へ方式変換するプラットフォームにあるスケジューリングシステムの構築誤差が起因したと予測されます。DAZN プラットフォームにて障害の対処を試みるも非常に稀な事象であったため即 時復旧に至らず時間を要してしまいました。尚、中継制作による障害ではありません。

「本件に関するお客様への対応につきましては詳細決まり次第、改めてご連絡させていただきます」としています。

また「本来我々がJリーグを愛する皆さまに届けたかったものとは異なった結果になったことで、ファン・サポーターの皆さまに大変不快な思いをさせてしまったことは、私にとっても受け入れがたいことであります。 まずは、原因の徹底究明と今後の改善に全力を尽くすことで、今後このような事態が起こらないように取り組んでまいります」というCEOのコメントも発表されています。

視聴できないことは重大な問題ですが、個人的にはスカパー時代は同様の事態でもこうしたアナウンスを受け取った記憶がないので、非常に安心感はあると思いました。今後の改善策に期待しています。

追記:

DAZN(ダゾーン)」が記者会見を行いました。その様子が、DAZN、Jリーグ中継不具合の詳細を報告。対象ユーザーには2週間の無料視聴という記事にまとめられています。

原因は、2月26日16時30分ごろに終了した7試合について、ライブ配信終了後に見逃し配信を自動的に起動するコンテンツ制作ツールが複数試合を同時に処理開始したが、システムの一部に不具合があり、データベースの破損やエンコーディングプラットフォーム障害を起こした、というもの。

アクセスの負荷ではなく、システムに不具合があったことが発表されています。対策は施されているということです。

「25日から26日にコンテンツ視聴操作を行なったユーザー」に関して、無料体験中のユーザーは2週間延長、月額課金中のユーザーも2週間延長がされることもあわせて発表されました。「DAZN for domoco契約者には、NTTドコモからdポイントを500ポイント進呈」とのこと。

「DAZN(ダゾーン)」関連記事

「DAZN(ダ・ゾーン)」2017年よりJ1・J2・J3の試合を全試合生配信すると発表

「DAZN for docomo」ドコモ利用者に月額980円で提供