B01AKCRPUU

岡崎慎司が所属しプレミアリーグで快進撃を続ける「レスター・シティ」が、このまま優勝すると5001倍もの払戻になるそうです。英ブックメーカー悲鳴! オッズ5001倍の"超大穴"レスター優勝で総額16億円の損失という記事になっていました。

レスター・シティは昨季プレミアリーグの残留争いを演じながら、今季は誰もが驚くほどの大躍進。残り6試合を残し、2位トットナムに勝ち点差7をつけ、奇跡の初優勝に向けて突き進んでいる。

前シーズンは最下位だった「レスター・シティ」の優勝オッズは、5001倍。このまま優勝すると、ブックメーカー各社は総額1,400万ドル(約16億円)の損失を見込んでいるのだとか。

徐々に優勝の可能性が高まってきているのですが、少しでも損失を減らそうと「払い戻しを前倒しすることで損失を軽減しようとしている」ところもあるそう。

4月1日には2830倍の支払いを、2日には2902倍の支払いをそれぞれ提案。そして3日のサウサンプトン戦に1-0と勝利した後には3280倍の支払いを提案。

まだ優勝はしていませんが、非常に優勝が濃厚ということで、払い戻しの前払いを提案しているそうです。約3割が応じているということですが、まだ7割は優勝に賭けているのですね。

ちなみに「レスター・シティ」の優勝に賭けているのは25人。一人1万円くらいは賭けているのでしょうか。だとすると、3,000万円か、5,000万円か、どちらを手にするかで悩んでいる人も多そうです。1,000円でも300万円です。

熱狂的なサポーターならば、普通に「レスター・シティ」に賭けてそうです。

追記:プレミアリーグ・レスター優勝でブックメーカーの払い戻しは前代未聞の総額23億円にという記事を書きました。