2014 05 21 1203

ブラジルで美人すぎると話題になったフェルナンダ・コロンボ・ウリアナ審判に、オフサイドの判定を巡りバッシングが起きているそうです。ブラジルの美しすぎる審判に大バッシングという記事になっていました。

時として、かわいいことがマイナスに作用することもあるようだ。ブラジルの「美しすぎる審判」フェルナンダ・コロンボ・ウリアナさん(25)が、11日のアトレチコ・ミネイロ-クルゼイロ戦においてブラジル1部での副審デビューを飾った。

クルゼイロが1点を追う展開で、終了間際のゴールに繋がるかと思われたプレイをオフサイドと判定したのですが、これがVTRを確認してもオフサイドに見えないことから、バッシングに繋がっているそうです。

フェルナンダ・コロンボ・ウリアナ審判は副審をしていたのですね。

クルゼイロのスポーツディレクターは「かわいいのならプレイボーイ誌でポーズでもとっていればいいんだ」とセクハラまがいの発言をしているそうです。

ただし、フェルナンダ・コロンボ・ウリアナ審判も「私は男性誌から(ヌードの)オファーを受けてもいないし、受けたくもない。あの発言は、サッカー界に依然として性差別がはびこっている証拠でしょう」と話しているそうです。

その試合の直前のカップ戦においても、疑わしいオフサイド判定が5回ほどあったということで、ブラジル連盟は、ウリアナさんに再度、研修を課し、2試合で審判から除外した。

いずれJリーグでも、女性の審判が加わる可能性はあるのでしょうか。

「美人すぎる」というのは、有名になることが仕事に繋がる芸能人には良いかもしれませんが、例えば研究者やスポーツ選手にとっては話題にはなっても、良いことばかりではないのかもしれませんね。