B00JUGWDY6

ブラジルW杯まで約1ヶ月となりましたが、サッカー日本代表も試合をする予定のスタジアム工事中に、作業員が感電死する事故があったそうです。W杯突貫工事...日本戦舞台で作業員感電死、3競技場が未完成という記事になっています。

サッカーW杯ブラジル大会開幕まで1カ月余りに迫る中、日本戦も行う中西部クイアバの競技場建設現場で8日、男性作業員(32)が作業中に感電し、間もなく死亡した。競技場建設中の事故の死者はこれで8人目。12会場中、クイアバを含む3会場がいまだ完成しておらず、ブラジル政府は突貫工事中。

サッカー日本代表も試合をするという、中西部クイアバの競技場建設現場で、作業員が感電死するという事故があったそうです。これで、スタジアム建設の事故は8人目となっています。

スタジアム建設での事故としては、死者が多い気がしますが、やはり納期が迫っているということが理由にもあるのでしょうか。

しかも、大会を1ヶ月後に控えているのですが、予定されている12のスタジアムのうち、まだ3つのスタジアムが未完成とのことです。「観客席の設置作業などの突貫工事が続いている」と伝えられています。

完成しているとされる競技場でも、周辺の交通網や駐車場は不完全なところが多い。特に交通の整備遅れは深刻で、使用される13の空港のうち、改修が終了したのは2つだけ。

このままワールドカップの開幕を迎えてしまって、大丈夫なのでしょうか? 日本から観戦に行く人もいるでしょうが、色々と不安が残りそうですね。

フットボールサミット 第21回 日本サッカーが手にした知性 遠藤保仁、W杯を語る。

『フットボールサミット』議会 カンゼン 2014-05-16
売り上げランキング : 3871
by ヨメレバ