サッカーでゴールを決めた後に、ゴールした選手がユニフォームをまくり上げ、アンダーシャツに書かれたメッセージを示すシーンというのはたまに見かけますが、あの行為が全面的に禁止されることになりました。ユニホームまくり上げメッセージ全面禁止という記事になっています。

サッカーの競技規則を定める国際サッカー評議会(IFAB)が、ユニホームをまくり上げてアンダーシャツに書かれたメッセージを示す行為を全面的に禁止する決定を、このほど開いた年次総会で下した。ワールドカップ(W杯)ブラジル大会が開幕する6月から適用する。

これまでも政治的、宗教的な主張や宣伝、広告は禁じられていましたが「異なる国や文化において何が正しくて何が間違っているかを判断するのは難しい」というのが禁止の理由だそうです。

ユニフォームのまくり上げではありませんが、ロンドンオリンピックで「日本との試合後に竹島(韓国名・独島)の領有を主張する紙を掲げた韓国選手が処分された」ということもありましたから、こうした行為は一律禁止にした方が良いのかもしれません。

「線引きの難しいグレーゾーンを排除する狙いがある」と記事。