4862551483

本田、ミランが獲得動く 来季攻撃の要にという記事がありました。ACミランの強化責任者が、本田圭佑の代理人に接触したようです。

イタリアのスポーツ紙ガゼッタ・デロ・スポルトは26日付で、ACミランが、来季の攻撃の要として日本代表MF本田圭佑(CSKAモスクワ)の獲得に動き、既に強化責任者が本田の代理人と接触したと報じた。

イタリアのガゼッタ・デロ・スポルトが報じたもので、ACミランは現在レアルマドリードに所属するカカか本田圭佑を獲得する意向と伝えられています。

本田圭佑が、ACミランが獲得する候補の一人になっている、ということですね。

「本田の方が本当のトップ下で、若く年俸も安い。商業面でもかなり期待でき、クラブの厳しい経営状況を考えると大きな要素」とも伝えられているそうです。

本田圭佑は27歳、カカは31歳ですので、確かにこれから数年のことを考えれば、本田圭佑ということになるのかもしれませんが、果たしてどうなりますか。

エル・シャーラウィとカカをトレード? ミランの本田獲得は代替案かと伝えている記事もありました。

レアル・マドリードが、ミランに所属するイタリア代表FWステファン・エル・シャーラウィの獲得を望んでおり、ブラジル代表MFカカと移籍金2500万ユーロ(約32億円)を合せたトレード案を提示するのではないかとイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

こちらも同じくガゼッタ・デッロ・スポルトなのですが本田圭佑の獲得はあくまでも代替案である、と。代替案だけど、ガゼッタ・デッロ・スポルトはそちらを推しているのですね。