4796880283

かつては京都パープルサンガでプレイし、マンチェスター・ユナイテッドでも活躍したパク・チソンが、日本での日々を振り返り、人生の師は三浦知良であると語っているインタビューがあるそうです。

パク・チソン「日本人のイメージは良くなかった」|マンチェスター・ユナイテッド大好き野郎ブログで紹介されていました。

最初に日本に来た時は「学校で習ったように日本人に対してのイメージは良くなかった」そうです。それが、日々の暮らしで違うことに気付き、声をかけてくれたり、相談に乗ってくれたカズの言葉で人生が変わったとしています。

それは「カズさんのようになりたいです」と言った時の言葉だそうです。

「いいかい智星、自国以外でサッカー選手として 生き残るのは本当に困難だ、最後までサバイバ ルする選手に一番必要なものは何かわかるかい? 技術じゃない、そのクラスの選手の技術はみんな 同じくらい高いからね、一番大切な事は、サッカー への情熱、一途の献身、毎試合今日死んでも悔い はないという思いで試合に望む、サッカーに人生を 賭ける選手だ」

カズ自身、海外でのプレイ経験があるだけに、実感のこもった言葉です。

そして、特に、この言葉には、ぼくも鳥肌が立ちました。

「ブラジルでは貧しくて、ブラジル人なのに一生スタジ アムに来れない人が沢山いるんだ。ブラジル人にと っては悲劇だよ」 「智星わかるかい?ブラジルで俺は試合前に必ずス タジアム全体を見る、この中でいったい何人の人達 が一生に一回だけの試合を見にきたんだろうと思う んだ」

こんなことは、考えてみたこともなかったですね‥‥。ブラジルに住んでいても、スタジアムに足を運ぶことが出来ない人もたくさんいる‥‥。

「毎試合今日死んでも悔いはないという思い」については、スティーブ・ジョブズも似たような言葉を残していますが、凡人には毎日は無理としても、ときどき、その生きる覚悟を思い返さないといけないな、と思いました。