2012 04 04 1152

草津町・前橋市を中心とする群馬県全県をホームタウンとするJリーグのクラブ「ザスパ草津」が、チーム名を「ザスパクサツ群馬」とすることを発表しました。

今までザスパ草津ということで、群馬を象徴する草津温泉、日本で名だたる温泉名を使って来ましたが、2013シーズンから「ザスパクサツ群馬」で動き出します。 今までは「ザスパ」というカタカナと地域名の「草津」でしたが、『ザスパクサツ』を全てカタカナにして「群馬」という地域名(漢字表記)で活動させていただきます。

ザスパ草津の発足式が2002年4月3日に行なわれたことから、10歳の誕生日として、この日を選んでチーム名の変更を発表したそうです。

チーム名変更の理由としては、

・元々ホームタウンは草津町・前橋市を中心とする全県

・しかし草津町で働きながらサッカーをやっていた過去のイメージが強すぎる

・現在も草津温泉にいる・草津のチームと思われている

・そのイメージから脱却し「群馬の地域の中で生きている」ということを明確にしたい

ということがあったそうです。

確かに「ザスパ」自体「The Spa」から来ている訳ですし、温泉街で働きながらサッカーをしていた、というイメージは根強く残っているかもしれません。

草津のクラブではなく、群馬のクラブになりたい、ということなのですね。

Jリーグのクラブは、チーム名と地域名で分けていますが、草津という名前を「とる」「とらない」の話を色々な方とさせていただいました。 我々は草津町で生まれ、育って、今は前橋市を拠点としていますが、草津町というのは忘れてしまうことは出来ないし、外すことも出来ないのでカタカナとして残しています。

このあたりは色々と葛藤があったのは想像に難くないのですが「ザスパ群馬・草津」でも良かったのでは、とも思うのですが、確実に「草津」を残したかった、ということなのでしょうね。

これまでにもクラブ名の変更でいうと、

・ベルマーレ平塚 → 湘南ベルマーレ
・JEFユナイテッド市原 → JEFユナイテッド市原・千葉

などがありました。

「JEFユナイテッド市原・千葉」が事実上の「JEFユナイテッド千葉」になっていることを鑑みると「ザスパ草津・群馬」は難しかったのかな、と推測できますが、サポーターとしては複雑ですね。

■関連記事

群馬県民のチームに…J2草津 来季から「ザスパクサツ群馬」 ― スポニチ Sponichi Annex サッカー

名称変更はJリーグ理事会で既に承認されており、チームロゴの新デザインを一般募集する。

「ザスパクサツ群馬」に改称 来年2月 : 群馬 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

現在の活動は草津町だけにとどまらないため、3年ほど前から名称変更を検討していた。「クサツ」を漢字にすると「ザスパ群馬」と省略される可能性があるためカタカナとしたという。