闘争人―松田直樹物語 (SAN-EI MOOK)

松本山雅FCに所属する松田直樹が、練習中に倒れ、心肺停止状態で病院に運ばれたそうです。

サッカー元日本代表・松田選手、練習中に倒れ心肺停止という記事になっています。

2日午前10時ごろ、サッカーの元日本代表で日本フットボールリーグ(JFL)の松本山雅(長野県松本市)に所属する松田直樹選手(34)が松本市内で練習中に倒れた、とチーム関係者から119番通報があった。

松本広域消防局によると、搬送時には心肺停止状態だったとのことです。何があったのでしょうか。心配です。

松田選手は昨季までJ1の横浜F・マリノスに在籍し、日本代表DFとして2002年のワールドカップ日韓大会など40試合に出場。今季から松本山雅でプレーしている。

新天地での活躍が期待されていたと思いますし、その経験をまだまだ伝えて欲しいです。

長野地方気象台によると、午前10時時点の市内の気温は24・6度」ということで、猛暑ではなかったようですが、こちらの記事によると「熱中症とみられる」ということです。

無事に戻ってきて下さい。

■関連記事

サッカー元日本代表・松田選手、練習中倒れ心肺停止

サッカーの日本フットボールリーグ(JFL)松本山雅FC(長野県松本市)に所属する元日本代表DFの松田直樹選手(34)が2日午前10時ごろ、市内で練習中に突然倒れ、意識不明の状態で病院に運ばれた。チームによると、心肺停止状態だという。

元日本代表のDF松田直樹選手、心肺停止で搬送

松本広域消防局によると、搬送時、心肺停止状態だったという。チームはこの日午前9時半頃から練習していた。

サッカー:元代表松田選手 練習中倒れ心肺停止に 松本

松田選手は、95年に前橋育英高から横浜マリノス(現横浜Fマリノス)に入団。DFのポジションで活躍し、日本代表でもAマッチ40試合(1得点)に出場。02年のワールドカップ(W杯)日韓大会ではレギュラーメンバーとして日本代表の16強入りに貢献した。