慈善試合150か国で生放送!放映権料はすべてチャリティー!…復興支援試合という記事より。

復興への再出発を切るドリームマッチが、世界中に披露される。日本協会の小倉純二会長(72)はユーロスポーツ、アルジャジーラ、FOXといった世界的なテレビ局が生中継することを明かし「海外はほとんどカバーできる。放映権料も入るので、義援金の額も増えます」と喜んだ。

3月29日に大阪・長居スタジアムで開催される復興支援試合、日本代表 v.s. Jリーグ選抜の放映権を世界中のテレビ局が購入し、150カ国以上で生放送されることになりました。

また、購入された放映権料は全て、チャリティーに回るということです。

さらに、大阪市は長居スタジアムの使用料を無料に、隣接するキンチョウスタジアムのパブリックビューイングの使用料も無料に、国家独唱する倉木麻衣もノーギャラと、支援が広がっているそうです。

代表選手たちも、1万円の日当と10万円以上となる勝利給を返上するということです。「すべてを合わせれば数億円の義援金が送れることになりそう」と記事。

Jリーグ選抜のドラガン・ストイコビッチ監督(46)は選手としてピッチに立つプランを披露。横浜CのFWカズとの2トップ結成を示唆した。

見てみたいですね。浦和レッズからは、原口元気が選出されています。

僕にとって、すごい幸せを感じる90分になるんじゃないかと思っています。僕の名前は『元気』なので、日本中が元気になるように、精一杯プレーしたいと思います。

テレビは日本テレビ系列、ラジオはニッポン放送で生中継されます。