2011-03-12_2245.png

鹿島アントラーズが復旧対策本部を設置し、茨城県立カシマサッカースタジアムが東北地方太平洋沖地震による被害を受け、少なくとも2試合の開催が不可能になったことを発表しました。

アントラーズが指定管理者となっている茨城県立カシマサッカースタジアムに関して、地震の影響について本日午前より安全確認を行っております。写真等での詳細な報告は後ほどさせていただきますが、スタジアムの被害は大きく、スタンド階段部分の崩壊、コンクリート部分の亀裂、天井最高部からの落下物、座席の損壊などの状況を確認いたしました。

被害はコンクリート部分の亀裂、天井最高部からの落下物、座席の損壊などに及んでいます。

2011-03-12_2251.png

練習グラウンドにも亀裂が入っているようです。

AFCとJリーグに対し、少なくとも開催不可能と発表された試合は次の通りです。

3月16日 AFCチャンピオンズリーグ シドニーFC戦
3月20日 J1リーグ アルビレックス新潟戦

スタジアムへの立ち入りも禁止となっています。

なお、浦和レッズのホームである埼玉スタジアムは「地震によるスタジアムの大きな被害はありません」と発表しています。

カシマスタジアムは毎年、遠征していますが、とても良いスタジアムです。復旧には時間がかかるかもしれませんが、今シーズンも遠征できるよう願っています。鹿島アントラーズサポーターのホームが、早く直りますように。