ハッピーターンにちなみハッピーシート 子ども500人を招待という記事より。

亀田製菓(本社・新潟市南区)がJ1新潟と協同して、今季リーグ戦のホーム17試合に子供たちを招待することになった。3日のユニホームスポンサー契約更新(3年)会見で発表された。

アルビレックス新潟のスポンサーである亀田製菓が、今シーズンのホームゲームに500人の子供たちを招待することを発表しています。

亀田製菓のヒット商品である「ハッピーターン」にちなんで「ハッピーシート」というそうです。

ハッピーターンでハッピーシート!

語呂もいい感じですね。入場する時に、ハッピーターンが貰えたりするのでしょうか?

サッカー好きの子供が増えると良いですね。

浦和レッズにも「パジェロシート」とか「ザバスシート」みたいなものがあったりするのでしょうかね。

「とりあえず1年だが、成果を見ながら継続していきたい」と亀田製菓の社長はコメントしています。