安田理“就活”「フィンケさんにアピールせな」という記事より。

チームは22日、天皇杯準々決勝・浦和戦(25日、万博)に向けて吹田市内で調整。DF加地の負傷離脱により右サイドバックでの先発が決定的な安田理は、浦和のフィンケ監督が今季終了後からドイツ1部ケルンのスポーツディレクターに就任することをリサーチ済み。

明日25日、万博で行なわれる天皇杯準々決勝、浦和レッズ v.s. ガンバ大阪戦に向けて、先発濃厚な安田理大が「フィンケさんにアピールせなあかんね」と息巻いているそうです。

今シーズン限りで浦和レッズの監督を退任するフィンケ監督ですが、来シーズンはドイツ・ケルンのスポーツディレクターに就任することが決まっています。

そのため、海外志向の強い安田理大にとっては「就活やわ」ということになっているようです。

もちろん、浦和レッズの選手たちだって、フィンケ監督に呼ばれてドイツに渡るという可能性は十分にある訳です。

フィンケ監督が若手を育てる能力は、この2年で十分に発揮されましたから、日本からダイヤモンドの原石をドイツに連れて行く、ということもあるでしょう。

山田直輝、高橋峻希、原口元気‥‥いつ、ドイツに呼ばれても不思議ではないかもしれません。