柳沢に戦力外通告 退団へ…京都という記事より。

京都のFW柳沢敦(33)に、戦力外通告が告げられたことが7日までに分かった。08年に京都に移籍以来1年ごとに契約をしていた柳沢に対し、クラブはコーチとしてチームに残ることを打診。しかし現役へのこだわりからこれを拒否し、退団する方向となった。

2008年に鹿島アントラーズから京都サンガに移籍した柳沢敦に、戦力外通告だそうです。

「選手としての能力は高いが、バランスを考えると仕方ない」とクラブ関係者。今シーズン3得点という成績に対し、高額な年俸がネックとなっています。

クラブはコーチを打診しましたが、柳沢敦は現役続行を希望しており、退団し移籍先を探すようです。

柳沢は今年5月、史上5人目となるJ1通算100ゴールを達成。主将としてもチームを引っ張ったが3勝7分け19敗と振るわず、次節浦和戦で負ければJ2降格という事態に陥っている。

かつては鹿島アントラーズ、サッカー日本代表でもプレイした柳沢敦ですが、もう33歳なのですね。

ネタフルでは次のような記事を書いています。

鹿島FW柳沢、移籍か
鹿島・柳沢に京都からオファー
鹿島アントラーズ柳沢敦、京都サンガに移籍へ
柳沢敦、京都サンガに移籍

柳沢敦 DVDバイオグラフィー Aの肖像

B0000BHHCC