現役東大生がJデビュー!久木田紳吾「楽しかった」11分…岡山という記事より。

東大4年で岡山の特別指定選手となったFW久木田紳吾(22)が、栃木戦で東大出身者として初めてJリーグに出場した。2―1の後半38分からピッチに立ち、前線からの守備で3試合ぶりの勝利に貢献。

「ファジアーノ岡山」の特別指定選手となっている、東京大学の久木田紳吾がプロデビューを飾っています。

ネタフルでは、初の東大出身Jリーガーが誕生、FW久木田紳吾という記事を書いていました。

来シーズンの「ファジアーノ岡山」入りが内定していますが、まずは特別指定選手としてのプロデビューとなりました。東大初のJリーガーの誕生です。

武器のスピードを生かしてボールを追い続け、逃げ切りに貢献した。「大学とはパワーが違うけど、雰囲気が楽しかった」。ロスタイムを含めて11分間、シュートも打てなかったが、Jの歴史に新たな1ページを刻んだ。

東大サッカー部のチームメイトも、応援に駆けつけていたようですよ。FWだけでなく、攻撃的MF、ボランチもこなすそうです。

■関連記事

J2岡山・久木田、現役東大生が!勝利に貢献

岡山に特別指定選手として登録され、27日にチームに合流したばかりの東京大工学部4年、FW久木田紳吾(22)が、敵地での栃木戦に後半38分から途中出場。プロ初ゴールは7日のホーム・大分戦に持ち越しとなったが、2-1の勝利に貢献した。

東大初のJリーガー 久木田がプロデビュー

現在4年生で大学に所属したままJリーグに出場できる特別指定選手。「1日でも早く試合に出てチームの勝利に貢献したい」と意気込んでいたが、27日にチーム練習に合流して、わずか5日でチャンスはめぐってきた。