大宮が観客水増し主催58試合4年で11万人という記事より。

J1大宮の渡辺誠吾社長(55)は19日、さいたま市内で会見し、07年11月から主催試合で入場者数の水増し発表をしていたことを認めた。主催した全58試合で不正が行われ、水増しは合計11万1737人に上った。渡辺社長は辞任の意向を示し、不正にかかわった幹部2人も解任する。

大宮アルディージャの観客数水増問題ですが、調査の結果、2007年11月から入場者の水増が行なわれていたことが明らかになりました。社長は辞任、不正に関わった幹部2人も解任となるようです。

ネタフルでは次のような記事を書いています。

大宮アルディージャ、浦和レッズ戦で観客数を水増しか?
大宮アルディージャ、観客水増で社長が謝罪

始まりは2007年11月11日、NACK5スタジアムの初戦からということです。

ある幹部がピッチからスタンドを目視したところ、満員の状態だったため、ゲート通過数は1万1725人ながら前売り券が完売していたこともあり、1万4752人と発表したという。

そもそも入場者数は目視で計測するものではないですからね。これが通ってしまったことで、常態化してしまったのでしょうね。

大宮が07年4月に立てた「09年までに年間動員30万人」という目標も影響した。特定幹部が、目標未達成の場合にスポンサーやサポーター離れが起こることを懸念し、上積みを繰り返していた。

目標未達を気にするあまり、さらに悪い結果を引き起こしてしまいました。

不正をした幹部2人は、社長によれば「Jリーグの信頼を失墜させる行為をしてしまって申し訳ないと。ファン、サポーターを裏切ることになってしまい、合わせておわびしたい、と言っていた」ということです。

入場者数の上乗せは「計11万1737人」に上っています。

大東チェアマンは「怒り心頭です。1人でも多くのファンに来ていただこうと努力している36クラブの行為を踏みにじるもの。あってはならない」とコメントしています。

■関連記事

大宮、日常的に観客数水増し発表 社長は辞任

渡辺社長によると、ホーム競技場のNACK5スタジアム大宮が使用可能となった07年11月以降、幹部2人が着席状況やイベントの参加人数などを目算、推計し入場ゲート通過者に上乗せして公式入場者数を水増ししていた。

3年前から観客数11万人水増し、社長辞任へ…大宮

上乗せした人数は07年が2試合で4690人、08年が20試合で2万5809人、09年が20試合で4万8610人、ことしは16試合で3万2628人だった。渡辺社長は不正に至った背景の一つとして「09年までに年間観客動員30万人」のクラブの目標達成があったことなどを挙げた。

日常的に観客数水増し 大宮、社長辞任へ

Jリーグの基準では、観客数はゲート通過者と貴賓席などの特別席、車いす観戦者とその介助者のみを合算するとしている。しかし、幹部2人を含めてクラブ内でこの基準を認識していた者はいなかったという。07年10月以前の記録は残っておらず、不明とした。

入場者数の水増しの大宮 稚拙で短絡的な理由の数々

動機としてはJリーグ入場者数の統一基準の認識不足、スポンサー離れへの懸念、「09年までに年間観客動員30万人」という自主目標クリアのためなどと稚拙で短絡的な理由を列挙。極めて悪質な水増しだったことが判明した。

大宮の観客水増しで他クラブから困惑の声

川崎Fの武田信平社長は「イメージは悪いよね。何でそんなことをしたのか」と首をかしげた。リーグ側は各クラブに公式入場者数の定義を通達するなど、再発防止の徹底を図っていくという。浦和の橋本光夫社長は「きちんと改善されたということや、ほかのクラブはちゃんとやっているというのをJリーグとして示していかないといけないのでは」と強調した。

大宮・渡辺社長に聞く「Jリーグの信頼を失墜させる行為」

「リーグからこの前(10月2日)の埼玉ダービーの観客に不明なところがあるので調べてくださいと言われた。その中で幹部2人による操作が出てきた」

渡辺社長、一問一答「特定人物のみで決定」

 「お恥ずかしいが、わたしもリーグの公式入場者数統一基準の考え方を存じ上げなかった」