観客水増しで大宮社長謝罪という記事より。

J1第25節の大宮―浦和戦(2日、埼玉)で大宮が入場者数を約4000人水増し発表した疑惑について、大宮の渡辺誠吾社長(55)が12日のJ1実行委員会で謝罪した。水増し問題を重く見るJリーグは全クラブに対し、入場者数のカウント方法を明記した書類を配布し、今後の再発防止を訴えた。

ネタフルでも「大宮アルディージャ、浦和レッズ戦で観客数を水増しか?」という記事でお伝えしていましたが、実際に観客数の水増が行なわれており、社長がJ1実行委員会で謝罪をしたそうです。

月例のJ1実行委員会の冒頭、渡辺社長は各クラブとJリーグに謝罪した後、会議には参加せず、早々と15分で退席した。「皆さんにおわびしました。詳細について調査中です」と厳しい表情で話した。

公式発表は33,660人だったものの、実際にゲートを通った入場者数は29,203人でした。

安易にバレないと思ったのかもしれませんが、スタジアムの観客数を予想している人たちもいますし、見慣れているスタジアムで明らかに「多い」と思ったレッズサポーターも少なからずいたようですしね。

■関連記事

観客水増し疑惑 大宮社長が陳謝行脚

入場者水増し疑惑が浮上したJ1大宮の渡辺誠吾社長(55)が13日、関係各所へ現状報告と陳謝に赴いた。午前中から精力的に動き、調査の早期解決を誓った。また全社員にコンプライアンスの順守を訴えた。リーグへの調査報告書提出期限について、渡辺社長は「調査中です」と述べるにとどめた。

大宮の観客水増し疑惑 Jリーグ処分も

問題の背景には、Jリーグが推進する年間総入場者数1100万人の「イレブンミリオンプロジェクト」がある。入場者数最下位の大宮は事務局から厳しい指導を受け、観客数アップへのプレッシャーを感じていたのも事実。報告書をもとに、再発防止を含めたリーグ側の対応が注目される。

大宮社長「早く報告したい」入場者数水増し疑惑で謝罪

Jリーグ側は大宮に対し、入場者数の実態を過去にさかのぼって調査、報告するよう求めている。渡辺社長は「できるだけ早く報告したい。まとまった段階で公表してお話ししたい」と述べた。